Mother3_fin.

Mother3、クリアしましたw
Motherシリーズやってて思うのですけど、ラスボスの演出が衝撃的。
道中のイベントが吹っ飛ぶくらいのインパクトがあります…。
もうやめてくれと言いたいくらい、かわいそうな双子でした。
ボーキーへの嫌悪感も異常。
しかし、あれも1つの人間。
タイトルロゴのトリックも最後の最後で気づきました。
Mother3は数字だけの続編じゃない。どこを取ってもMother。

追記、某忙しい方のBlogと、とある小説見て思ったこと。


狐と踊れ
の中に収録されてた『忙殺』を読んで思った。
忙しさの絶対量はエントロピーのごとく増大する。 減少しない。
忙しさの量は処理できる仕事の量と処理すべき仕事の量の差で表される。
何か楽にしようとすると、それよりも大きい力が必要になる。
だから、エントロピーを低く保つためには常に忙しくなくてはならない。
そして、忙しさが減らないから、いつかシステムは自壊する。
無論、これを修復することも可能です。より大きな忙しさが発生しますが…w

悪魔的な法則とはよく言ったものです。
なにしろ、忙しさを減らすには現システムを放棄するしかない。との結論が出ますから。
興味があったらこの小説を探してみてくださいなw ちなみにSFです。
ああ、ラプラス恐い。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

LastUp:181113  @tsurubami


連縁无現里:

紹介


Author:AI_Mebius
 5日に1回はドット絵を描く程度の能力
*--*
いらっしゃいませました
ドット絵一覧は上のメニューより

伝言は拍手かどこかのコメントまで
拍手の先頭に@付ければ返信しません

ドット絵ご利用上の注意は
過去絵展示場を参照して下さい

twitterプロフ絵とか
nico動の素材程度ならご自由にど~ぞ

改装中
デザインが稀に良く変わります

*--*

登録No: 272
PREV RANDOM NEXT
LIST |´・ω・) HOME



御来客数

検索