再放送中の

音速が遅いけどエレメントハンター。

オペレータのユノを描きましたw
有能なアンドロイドのユノ(自称)。
終盤辺りはユノを巡る物語と言っても過言ではないような。

アニメ一通り観て微妙かなとか思ってたのですが、
公式HPのエレメントハンターの世界のオリジナル設定を見たら凄いとしか。
元素消失の限界が6%なのもわかったり。 必見です。

漫画を入手。面白い。
アニメよりもペースがとんでもなく速いけど、ちょっと勿体無いくらい。
*--*
追記はもうちょっとネタバレ。
35話はじわじわ泣ける…。
タチコマの時も大泣きしたけど、人工知能属性に弱い自分。
しかし、"エレメントハンター"で〆が"言葉の重み"のだけはちょっといただけなかったかも。

*--*
まあ、ちょっとSF的な推測を。
サブアトミックチップとは、直訳で原子サイズ以下の素子。
原子表面にγ線で情報を書き込むらしいです。
ユノがこれを増やせるのは物語の大事な鍵。
で、チップが集まって(入っただけかも)3つのパーツや、
マグマ生命体がユノの意志や外見を引き継いだと。

さて、最終回の最後のユノは何者だったのか?と
35話のユノがチップの塊と言いかえれるならば、
元素消失で消えなかったチップが
地球の元素でユノを再構成できるのではないか?と

チップがユノの細胞だったら復活できるのでは
と、ナノマシン好きの私は考えるのですね。
なにしろ3人の活躍でマグマ生命体の情報は既に得ているわけですから。
まあ、時間的に厳しい気もしますけど。

もうちょっと可能性が高いのは、ユノ・タイプのアンドロイドは実は他にも居て、
そこにチップが入り込んだとか。
あるいは記憶情報のコピーとか。
夢はともかくちょっとロマンが足りないかな…w

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

説明


Author:AI_Mebius
 5日に1枚ドット絵を描く程度の能力
*--*
ぶらっしゅあっぷ
過去絵は上のメニューから

伝言は拍手かどこかのコメントまで
拍手の先頭に@付ければ返信しません

ドット絵ご利用上の注意は
過去絵展示場を参照して下さい

twitterプロフ絵とか
nico動の素材程度ならご自由にど~ぞ
*--*

御来客数

検索